無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

金ヶ崎の退き口

Nokigutiheadblog_2

織田信長にとって、最大の油断は本能寺の変であり、最大のピンチは金ヶ崎の退き口であろう。天正元年(1570)4月25日、朝倉氏を攻めるべく敦賀に進出した。天筒山・金ヶ崎両城に籠る朝倉勢をを攻め、1日で天筒山城を落した。翌日、金ヶ崎城も開城させ、いよいよ木の芽峠を越えて、朝倉氏領国へ攻め込む段となった。

 Nokiima_2しかし、義弟の近江国浅井長政が朝倉氏との同盟のtめに挙兵。朝倉・浅井に挟み撃ちになる危機。信長は殿(しんがり)を木下藤吉郎に命じて、一気呵成に丹後道、西近江路を京に撤退した。この時、妹お市の方が小豆を入れた袋の両端を結んで信長に送って長政の挙兵を知らせたという説がある。俗説であろうと思う。やはり、乱破・素破による諜報活動の成果であろう。

2014年9月24日 (水)

飢饉の面影・無縁塚

Img_8990_640x562江戸期は今浜村、旧松原村に時宗寺院来迎寺がある。隣接して各寺院の共同墓地がある。また、隣接して水戸天狗党の墓地がある。この辺りを来迎寺野は処刑場に使われた。この共同墓地、無縁墓が散在するが、中央辺りに江戸期天保の飢饉のおり、餓死者への無縁塚が一際高く、異形で建っている。(左図)塚には「天保九戌戌年七月新建 永世七月十七日於当寺令修業施餓鬼供養者也」とある。江戸期敦賀の町でも、商業の発達によって北前船の船主、問屋などが富を蓄え、農村に於いてKikinbuen_2自作農(本百姓)の没落、小作人化が進み、貧富の差が拡大していったとこに、天保・天明の飢饉が襲い、多くの餓死者が出た。転じて、江戸期出村、旧松原村、現在敦賀市松栄町の江州庵にも無縁塚がある。(右図)敦賀の町で8百数十名の餓死者が出たという。身寄りのない500人ほどの人を江州庵に埋めたという。しかし、この庵の無縁塚何故か新しい。

2014年9月23日 (火)

飢饉の面影 甚三郎の供養石仏

Ikenokoutimiti敦賀の東南、滋賀県との県境近くに木の芽川源流地帯に域の河内湿地がある。そこから敦賀市街に通じる山越えの生活道があった。車両の道が通じるまでは、近江から敦賀に通じる日常的な生活道であった。また、往古敦賀の東浦の塩を上方へ運ぶ「塩の道」でもあった。古老の言い伝えでは、雪が積もった時には、子供たちは町の学校へはスキーを使ったという。峠に、江戸期天明の飢饉で、村一揆で処刑された杉箸村の甚三郎の供養石仏があるという。訪ねた。今はこの道、雑草・灌木・倒木で歩行もままならない。(左図)敦賀の街から峠に登ると、途中から歩行が困難になる。道程も長い。池の河内から峠に向かう。雑草を分け、灌木を払い、倒木をくぐり、または乗り越えて峠に向かう。いつしか、平坦な道になる。峠であるが目指す甚三郎の供養石仏が見当たらい。慎重に探すと、大きな木の幹の傍らにあった。40cmほどの小さな石仏である。Img_0229天明の飢饉の折、各村の百姓が町の商家を襲った打ちこわし一揆の首領のひとりとして、杉箸村の甚三郎は、来迎寺野で処刑された。以前、杉箸村の村人達は毎年供養したという。何時頃まで定期的に供養されていたのかは、定かではない。そして、道もいつしか利用する人もいなくなり、道は消えゆこうとしている。石仏もいつしか歴史の無常のなかに埋もれていくのだろう。

格子の家

Kousi2
敦賀の街は太平洋戦争で米軍B29で戦災を受けた.戦災を受けた都市で、最も小さな街である。大陸経営のための重要港があったためである。港を中心にした市街地のほとんどが焦土と化した。しかし、戦災を免れた地域に今も古いい、格子で窓を覆う家が散見できる。もちろん、人が住んでいない「しもた家」もあり、朽ちて崩れゆくような状態でもある。以前は木の格子であったであろうところが、サッシの格子になっている家も多い。概ね格子のある家は戦前からの細い道にある。猫が玄関にの前をゆっくり歩いている。

2014年9月 9日 (火)

敗者の砦・玄蕃尾城跡

044戦国期1583年(天正11年)、本能寺の変に倒れた織田信長の後継者たるべき覇権争い賤ヶ岳の戦いが行われた。豊臣秀吉が柴田勝家を破った。敗者柴田軍の本陣が敦賀と近江の境・刀根坂峠(久々坂峠)の上中内尾山に築かれた。空堀、土塁など良好に遺構を残している。国指定史跡。この玄蕃尾城、近江から越前への「北国街道」、近江から敦賀へ至る「刀根越え」の街道を扼するところにあって、防御態勢にとって格好の位置にある。これより南方10㎞。木之本の宿と賤ヶ岳に陣取る豊臣秀吉軍と対峙した。両軍は両陣のあいだにある余呉湖で激突、勝家は敗れ、北国街道を北ノ庄(現福井市)へ敗走した。

敗者の砦・玄蕃尾城跡を訪ねる

敦賀側からは車で玄蕃尾城址近くまで行くことができる。

国道8号線をを疋田集落を通過すると、刀根方面への標識に従って左折。刀根集落を経て、旧柳ケ瀬線(明治17年開通)のトンネルに至る。

 

Yanatonトンネルの直前を左折して林道に入る。林道をしばらく行くと車溜まりとなる。刀根坂峠はもうまじか。車溜まりから徒歩で100mほどつづら折りの細い道を登る。そして、刀根坂(久々坂)峠からは数百メートルで、玄蕃尾城跡に着く。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »